So-net無料ブログ作成
鉱物図鑑:ハロゲン化鉱物 ブログトップ

クリード石(グリーダイト) [鉱物図鑑:ハロゲン化鉱物]

2255621
Mina Navidad,Abasolo, Durango, Mexico

今日はメキシコ産のクリード石をご紹介します。サイズ:49mm×38mm

クリード石は、フッ素を含むのでハロゲン化鉱物に分類されますが、カルシウム、アルミニウムと硫酸塩の化合物でです。その名前クリード石(Creedite)は、産地であるアメリカ合衆国コロラド州Creed地区にちなんで命名されたそうです。と言っても、写真の石はメキシコ産ですw

このクリード石、純水な物は無色ですが、この標本は褐色がかっています。。前から一つくらい欲しいな~と思っていたのですが、最近になってようやく手に入れました。それにしてもシャープな結晶がイガグリ状の結晶を作っていて、面白い形でしょう?まるでウニみたい。


ボレー石(Boleite) [鉱物図鑑:ハロゲン化鉱物]

27回東京ミネラルフェア0021.JPG
ボレー石(Boleite) Amelia mine, Boleo, Santa Rosalia, Baja California, Mexico サイズ:16mm×18mm

化学式は、KAg9Pb26Cu24Cl62(OH)48

この標本は、立方体の濃青色の結晶が、白い硫酸鉛鉱上に乗っています。ボレー石は、鉛を含む硫化鉱物帯で、風化により変質することで産出するのだそうです。
とても小さい結晶ですが、光を当てると青く輝いてきれいですよ♪

でもこの産地、現在ではすべてブルドーザーで平坦にされており、完全に絶産になってしまったと聞きました。勿体な~い。

ボレアイト 1.11ct (12590)10P09Jan16

ボレアイト 1.11ct (12590)10P09Jan16
価格:44,900円(税込、送料込)


氷晶石(クリオライト:cryolite)※菱鉄鉱を伴う [鉱物図鑑:ハロゲン化鉱物]

27回東京ミネラルフェア0022.JPG
氷晶石(クリオライト:cryolite)  Ivigtut,Arsuk-Fiord,Greenland サイズ25mm×32mm

今日ご紹介するのは、氷晶石(クリオライト:cryolite)です。
化学式はNa3AlF6。ヘキサフルオロアルミン酸ナトリウム(Sodium hexafluoroaluminate)。

氷晶石は、1799年にこの標本の産地でもある西グリーンランドのイビクドゥト(Ivigtût、現在のイヒドゥート(Ivittuut))で発見されたハロゲン化鉱物です。発見当初は、外観が氷に似ていることから「解けない氷」と考えられ、その名前がついたのだそうです。非常に稀な鉱物で、今でも結晶としてまとまった量産出するのはグリーンランドだけと聞きます。

続きを読む


鉱物図鑑:ハロゲン化鉱物 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。