So-net無料ブログ作成

水晶のクラスター(立体視) [鉱物図鑑:アナグリフ画像]

3D水晶クラスター.jpg
今回は、ちょっと遊びで、アナグリフ画像にしてみました。

左が赤、右が青の赤青メガネを利用して頂けると、立体画像として見えるはずです。
このクラスターは20cm程もあるので、撮影が楽でしたが、もっと小さい標本でだと右目用カメラと左目用カメラの間隔を短くする必要があって、ちょと難しいんです。

奥行きがある写真が撮れず、腕が悪いな~と思っていましたが、別のアプローチで立体感を出そうというこの試み。好評でしたら、今後も時折公開してみようと思います。

そうそう、赤青眼鏡なんて持ってないよ~という人のために、交差法のステレオ写真も載せておきますね。
3D_交差法(水晶).jpg

さて、本文と脈絡がありませんが、今週はいよいよ第18回 東京ミネラルショーです。
今回はどんな出会いがあるか楽しみです。円高で安くなっていると嬉しいんですけどねw
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 3

Haruka・N

東京ミネラルショー、日曜日に行く予定なので、今から楽しみです。
どうか、善き出会いがありますように。
by Haruka・N (2009-12-07 19:49) 

chal

立体視を10分ぐらい挑戦したのですが、駄目でした。結局、老眼鏡をずらしてやっと成功。
by chal (2009-12-07 20:10) 

optimist

Haruka・N さん、こんばんは。
お互い、善き出会いがあると良いですね。ここ最近、新しい標本を購入していないので、個人的には非常に楽しみにしています。

chal さん、こんばんは。
立体視は、最初がなかなか厳しいですよね^^;
繰り返していると慣れてきますが、どうしても見えない人も居るようです。その点赤青眼鏡を使えば、小さい子供でも確実に見えるのが良いのですが、今度は道具を作るのが面倒だったりして・・・なかなか難しい所です。
by optimist (2009-12-07 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。